医療事務経験者の生の声

MENU

医療事務10年の経験をお伝えします!

最近、医療事務の資格が注目されています。
通信教育講座でテレビなどでも有名なユーキャンでも、人気NO.1はダントツで医療事務の通信講座だそうです。

 

でも、実際には、

  • 医療事務って、実際にどんな仕事をするのか?
  • 就職はしやすいのか、給料はどれだけもらえるのか、長く働けるのか?
  • 医療事務資格を取るのは難しい?勉強期間はどれくらい?
  • 医療事務の資格は種類がいっぱいあると聞いたけど、どの資格がオススメか?

 

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

 

私は医療事務の現場で10年ほど経験を積んできました。

 

その経験から、実際に印象に残った仕事の体験談、勤務時間や残業・休日出勤のこと、求められる適性、医療事務資格の種類や勉強方法など、
特に医療現場の未経験者が疑問を持ちやすいテーマを取り上げてご紹介しています。

 

少しでも、「医療事務という仕事や資格」のイメージをつかんでいただければと思います。

 

さらに、実際に医療事務の資格スクールに資料請求して、

 

医療事務経験者からみて、
どの資格スクール講座のどんな点がオススメなのか、お得な情報をゲットできるのはどこのスクールかなどもご紹介しています。

 

 

また、

  • 同じ医療事務で働く仲間から聞いたほかの病院の現状や
  • 病院を利用する方々から聞いた病院での出来事

なども伝えていければいいなと思っています。

 

あなたの進路選択の一助になれば幸いです。

 

≪医療事務をしてきてよかったと思うこと≫
今迄10年間の医療事務の仕事を思い返す。よかったと思うことはなんだろうか。またこれからの夢について

 

医療事務の仕事を始めて、早10年という年月が経ちました。
毎日が勉強というくらい改正があったり疑問点が多く、最初のうちはついていくのが精いっぱいでした。

 

3年ぐらいでかなり慣れてきたというイメージです。

 

私は幸い先輩後輩に恵まれて、毎日楽しく医療の世界で働いています。

 

看護師の仕事を見ていると、私も若い頃勉強して看護師の資格を取っておくのもよかったかな…。と思うこともあります。
それだけ看護師さんの仕事も素晴らしいのです。

 

その看護師さんをサポートできる私の仕事もやはりやっててよかったという要素がたくさんあるのです。

 

あとは医師という病気や怪我を治す仕事を見ることができるのもよいと思います。

 

大体小さなクリニックだと、診察室と受付の部屋は隣にあるので、嫌でも診察しているところがわかります。

 

患者さんに信頼され、的確な処置やアドバイスをしている医師の声をきくと、医療で働く素晴らしさを知ることができるのです。

 

また、医師のクオリティーの高さに改めて感服することもあり、自分の健康にちゃっかり役立ててしまったりしています。

 

なにはともあれ、
患者さんにありがとうと言われる仕事に携われるのは本当にうれしいことです。

 

地味な仕事でもありますが、コツコツとやることが好きならば天職と言えるでしょう。

 

私はこれから、ホスピスに携われる医療事務の仕事を希望しています。

 

終末医療と言われていますが、「治す」から「寄り添う」医療への支えとして医師、看護師の役に立てる存在になりたいと思います。

 

長寿社会も然りですが、若い世代がどんどん少なくなっている昨今では、病気や高齢の人たちが、健康な人たちを巻き込まない福祉を作らなければならないと思います。

 

≪医療機関の窓口は大変≫
わたしは以前、医療機関で働いていたものです。

 

よく医療もののドラマはありますが、それはだいたい、看護師や医師を題材にしたものばかりで、病院の窓口に光を当てられるものはなかなかなく、悲しく感じます。

 

窓口はただ、受付をして、会計をして、そんな単純なものではありません。

 

受付時に症状を聞き、用紙に記入。
保険証や診察券を預かり、患者さんの順番をとるためにパソコンに入力。保険情報を確認。
保険も様々な種類もあり、年齢、疾病によっては保険の他に受給者証というものを預からなければならないし、勿論忘れて来る方もみえます。
あと、コピーを持参してきたり。

 

大事なものだからち歩きたくないや、どれを持ってきたらいいか分からないなど。

 

国民健康保険の場合、期限があるので、期限切れのものを持参されたり。

 

 

患者さんは、医療機関だから大目に見てもらえると思っているのか、今度来院するときに持参すると言われますが、月1回は必ず、確認しなければいけませんし、中には保険が切り替わっているのに以前の保険証を持参したり。
特に学生から社会人になる方が多いですね。

 

こういった場合、下手したら本人徴収という形もできるのですが、こちらで処理する場合も多いです。

 

あと、先生がとても怖く、患者さんにも怒鳴る事もありすが、私たちの応対が悪いと、怒って来ることもしばしばありました。
あと、患者さんが言いにくい症状を先生に聞いて欲しいなど、応対も。

 

そこの病院は在来患者の割に受付の人数が少なく、患者さんに追加で何か言われると正直手一杯になってしまいます。
が、そこで、応対を適当にすることもできないし、受付は病院の顔なので、冷たくしてはいけません。

 

応対にも勿論厳しく、先生だけではなく、事務長や先輩の喝が入ることもあります。

 

こういった経験があるからか、他の医療機関で、応対が冷たかったり、知識が少ないと、ここの医療機関は大丈夫か心配になります。

 

こういう応対でも医療機関の受付をしている方がたくさん見えると思うと、悲しくも感じます。
ですが、受付が冷たいところの先生の方が、優しいです(笑)

 

≪評判の良い病院とそうでない病≫
私が今までに病院を利用した経験から感じるのは、病院の良し悪しというのはそこに働く職員全体の差だということです。

 

例えば良い病院というのは設備等が整っているのも大切だとは思いますが、それよりもやはりそこで働く方たちの対応がすごくステキです。

 

逆にあまり評判の良くない病院というのは、職員全体の士気が低かったり態度に好感が持てなかったりとします。

 

病院というのはたくさんの関係者が働いており、同じ病院内にも良い人もいればそうではない人もいて当たり前だと思うのですが、なぜか評判の良い病院の職員は皆さん笑顔でてきぱき仕事をこなしていて、そうでない病院は職員の多数に好感が持てなかったりとするのです。

 

私の家の近所にはいくつか大きな病院があり、評判の良いところからそうでないところまでいろいろですが、やはり良い病院を選びたくなるのは当たり前で、怪我や病気など万が一の時には多少遠くても気に入った病院に通おうと思います。

 

そしてまた家の近所で評判の良い病院の職員の方が患者さんと一緒に散歩をしている姿を時折見かけることがあり、そんな姿を見かけると何となく心が和みます。

 

もちろん患者さんにしてみれば早く退院したいだろうと思うのですが、職員の方が患者さんをいたわりながら歩いている姿はステキだなと思うのでした。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務